大人になった委員長

20歳、女子工学部生の思ったこと。

はじめまして

ありすと申します。

20歳の大学生です。

私が初めてブログを始めたのは、小学4年生の時。もう10年以上も前になるのか、と、感慨深いですね。

 

ブログってもう、ほとんど廃れてきたし。

TwitterやらFacebookやら、自分の意見、思ったことを発する場所っていくらでもあって。

 

わざわざ「ブログ」と言うかたちにする必要は無いのかもしれないけれど。

久々に書いてみようと思いました。

 

私がブログを初めて触った頃、つまるところこの大きなインターネットに初めて触れた頃。小さなとあるゲームの、小さな交流場所として設けられた掲示板で、同年代のお兄さん、お姉さんと毎日毎日お話して、見ず知らずの人と本気で話して、本気でぶつかり合って…あの頃の経験は、こんなにネットが発達してしまった今ではもう無理でしょう。

 

でも、あの頃の交流があったから、私は今もインターネットをやり続けて、

今はインターネットに携わる勉強をするようにまでなりました。

 

あの10年も前の、あの頃。

この大きな世界を教えてくれたあなた方に、感謝を。そして、またいつか、お話できる日が来ればいいな、という期待を。いつまでもしております。

 

中学、高校、と私たちはインターネットの激動の時代を生きてきました。

中学1年生、ガラケーを持っている人が羨ましかった時代。中2、中3、スマホを持ち始める人が増えて、高校生、もうクラスのほぼ全員がスマホを持っている時代に。

 

ニコニコ動画の流行り廃り、「オタク」の定義の変化、その他いろんなことを、身を持って感じてきた、それが私達の世代です。

 

ずっとひねくれていた私の考え方も、今、20歳になって、ひねくれたなりにも大きな考えを持つようになってきました。

 

中学でニコニコ動画にハマって、深夜アニメにハマって、VOCALOID、歌ってみた、いろんなことに興味を持った。素晴らしい世界だと思っていた。

そんな私も、今は田舎の大学生。

都会のファッション、メイクを気にして、流行に振り回されない自分を探して、日々の勉強と、アルバイトと、恋に振り回されて。

そんな、ただの大学生です。

 

でも、考えることはたくさんあって、

それをTwitterで吐き出すだけでは足りないから。思ったことをただただ吐き出す場所を作りたかったのです。

 

こんなブログを見る人がいるのかどうかは分からないけれど、少し未来の自分のために。

思ったことを書いていこうと思います。